就職活動中に失敗してしまったこと

私は高校生の頃に就職活動をしていました。私が高校生の頃の就職活動で失敗してしまった経験は、多くありますがその中でも誰でもありがちな失敗談をしたいと思います。1つ目の失敗は、先生にたくさん質問すれば良かったということです。高校生は世界が見えているようで少ししか見えていません。見えていないという事をまだ自分では気づかず、大人になってから気づきます。だからどのような仕事が世の中にはあるのか、この会社はどのような会社なのかなど、どんなに小さなことでもいいので質問することが大切です。恥ずかしがって質問ができなかった高校生の頃の私を恨みたい気持ちでいっぱいです。そして、会社についてリサーチしなかったことも失敗したなと思っています。私は面接に受かり無事就職したのですが一年も経たないうちにやめてしまいました。その理由は、高校生の頃の就職活動で調べた会社のイメージと実際に働いた時のイメージが全然違かった事です。だからもっと真剣に慎重に急がず会社のことをリサーチすることがとても重要です。世間的に良いとされている会社や、ブランドなど、世間的なイメージで受ける会社を決めてしまうと失敗します。これからは気をつけたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ